「坪単価」とは?計算方法の違い

用語集

「坪単価」とは

1坪当たりの建築費がいくらかかるかを表すものです。

 

「坪単価」で、注文住宅を検討される際、建築費用の高い安いを判断される基準とされる方は、少なくないでしょう。ですが、坪単価は

ハウスメーカーによって、計算方法が異なっている

ので、注意が必要です。
一般的な「坪単価」は下記にて算出されています。

 

 

延べ床面積」で計算するケース

「 坪単価=本体価格÷延べ床面積 

例えば、40坪の延べ床面積の家を建てた際に、本体価格が2200万円だった場合
この場合の坪単価は

「2200万÷40坪=55万円」

ということになります。

 

 

施工床面積」で計算するケース

ですが、住宅メーカーによっては
延べ床面積」で計算する部分を「施工床面積」で計算するケースもあります。

 

「 坪単価=本体価格÷施工床面積 」

 

施工床面積」は、建築基準法では床面積に含まれない、吹抜けやバルコニー等も含まれるので、「延べ床面積」よりも広くなります。
先ほどと同じ本体価格が2200万円で計算してみましょう。

40坪の延べ床面積で、施工床面積が44坪の家を建てた際に、本体価格が2200万円だった場合
施工床面積で計算した場合の坪単価は

「2200万÷44坪=50万円」

ということになり、
延べ床面積で坪単価を出した場合より、坪単価は下がることになります。

 

 

 

 

 

 

リカコの豆知識

坪単価の計算基準については「延べ床面積」か「施工床面積」どちらで算出したものなのか、重要なことなので
住宅メーカーに確認するようにしましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました